Top >  更年期障害の症状とは >  更年期障害の症状1

スポンサードリンク

更年期障害の症状1

更年期には、「顔や体が急にほてる」「急に大量の汗をかく」「いらいらする」「不安になる」といった様々な症状がでてきます。これがいわゆる更年期障害ですが、ホルモン分泌のバランスが乱れてしまうため、これらの現れるといわれています。
また、更年期の女性が年齢的に直面することになる環境の変化‥つまり「子供の独立・結婚」や「親の介護」などや、家庭や職場などでのストレスなどが加わり、更年期障害が起こるともいわれています。
更年期障害の症状は、症状の出方、強さ、期間などにはかなり個人差があり、多岐にわたります。また、更年期にあたる女性の6~7割に、更年期障害と考えられる、何らかの症状がでているといわれています。
もっとも、本格的に治療を行わなければならないほど症状がひどい人は、更年期の女性の2割程度にあたるともいわれています。

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 更年期の症状2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。