Top >  更年期障害の症状とは >  更年期の症状2

スポンサードリンク

更年期の症状2

更年期の症状で最も多いのが、「のぼせ・ほてり・多汗症」です。
これは、血管神経系に由来する症状です。
この症状自体は、更年期障害の中でもとくに心配のない症状なのですが、
症状が時や場所を構わずに突然現れるため、人前で変に緊張してしまう人もいます。
中には、ほてりのせいで眠れなかったり、夜中に急に大汗をかいたりするなどで、睡眠不足になり精神的に参ってしまう人もいます。
これらの症状は、エストロゲンが減少するため、血管運動を司る自律神経の働きが乱れることが原因なのです。それほど症状がひどくない場合は自分で症状を管理して、症状と上手く付き合っていく方法があります。
しかし、日常生活に支障が出るほどの状態にまで進んでしまった場合には、必ず病院に行って、医師に相談してください。そして適切な治療をすることをおすすめします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害の症状1  |  トップページ  |  次の記事 更年期の症状3  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。