Top >  更年期障害の症状とは >  更年期と月経2

スポンサードリンク

更年期と月経2

更年期には、月経を含む出血に関するいろいろな問題症状が出る場合があります。
「月経過多」はその中の1つになります。
月経過多とは、月経期間が長びき、通常よりも出血量が多くなる症状です。また月経日数が8日以上続く「過長月経」を伴うことが多いようです。
月経過多は、更年期に起きやすい症状の一つだと言えます。更年期に差し掛かると、月経周期をコントロールしているホルモンの異常が発生する場合が多いのです。しかし、月経過多が起こる場合には、子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮内膜症などの病気が原因の場合もあるので、安易に更年期障害の1つと考えずに、専門の医療機関で診断を受けることが肝心です。
また、更年期特有の、ホルモンの異常による月経過多と診断された場合、貧血を起こすなどして日常生活に支障が出るような時は、治療が必要になるので、医療機関にて診断を受けられることをお勧めします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期と月経1  |  トップページ  |  次の記事 更年期の準備  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。