Top >  更年期障害の症状とは >  更年期の症状3

スポンサードリンク

更年期の症状3

更年期の症状で、「手足や腰の冷え」といった、一見のぼせやほてりといった症状とは正反対に思われる症状も更年期障害に多いのです。
また、この「冷え」を訴えるケースは更年期になるとさらに増加してしまいます。
そして、更年期の冷えの特徴としては、のぼせやほてりなどを伴うのことが多いといわれます。一般的な傾向として、若い時から冷え性で悩んでいた方は、更年期になってさらに症状がひどくなることがあるといわれています。
「冷え」も「ほてり」も自律神経の失調による血行障害が原因です。これらを解消するためには、日頃から血行をよくする生活を心がけましょう。それには、軽い運動などをすることが有効だとされています。

または、他にもマッサージや指圧、温灸を受けたり、漢方薬などを服用するという方法も、冷え性の解消に役立つといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期の症状2  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害の正式名称  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。