Top >  更年期障害の症状とは >  更年期障害の症状

スポンサードリンク

更年期障害の症状

「更年期障害」という言葉は、実は俗称であり、正式には「更年期不定愁訴症候群」と言います。
更年期障害による不定愁訴には、血管運動神経症状に分類される、ほてり・のぼせなど。精神神経症状に分類される、頭痛・めまいなど。運動器官系症状に分類される、肩こり・関節痛など。知覚系症状に分類される、しびれ・知覚過敏など。消化器系症状に分類される、腹痛・食欲不振など。泌尿生殖器系症状などに分類される、頻尿・排尿痛など。さまざまな症状があげられます。
閉経の前後5年ほどの時期、いわゆる更年期にこれらの症状が出てくると、更年期障害である可能性が高いと判断されます。

しかし、更年期に該当する年齢であり、かつこれらの不定愁訴がでたとしても更年期障害であるとは限らないのです。実際に更年期障害と診断されるためには年齢もありますが、「さまざまな検査の結果、特定し得る病気が発見されない」ということが必須条件なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プレ更年期  |  トップページ  |  次の記事 不妊症について1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。