Top >  更年期障害の症状とは >  更年期と体の変化

スポンサードリンク

更年期と体の変化

更年期障害への対策や改善を行なうには、更年期の体の環境について理解することが必要なことです。
更年期になると女性の場合でしたら、女性ホルモンのエストロゲンが次第に減少していきます。
エストロゲンが減少するということは、カルシウムの吸収の効率が落ちていくために、骨量を増やし骨密度を維持する働きが衰えてきます。この状態が続くと「骨粗しょう症」という更年期障害の症状のひとつが発病する恐れがでてきます。
またエストロゲンの減少は、コレステロールの増加を防ぐ働きが弱まってしまいます。そのために更年期になると内臓脂肪が蓄積されやすい体質へと変化してしまいます。これはメタボリックシンドロームなどの症状がおきやすくなってゆきます。更年期に起こりやすいこれらの症状を予防・改善するためには、更年期の体のメカニズムに適した食生活の見直しが必要となります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 若年性更年期障害について6  |  トップページ  |  次の記事 更年期の不正出血  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。