Top >  更年期障害の症状とは >  更年期の不正出血

スポンサードリンク

更年期の不正出血

更年期の問題症状として、「不正出血」という症状があります。
不正出血とは、膣から生理時以外に出血することをさします。更年期の不正出血の多くは、ホルモンのバランスの崩れが元となり、月経周期をコントロールできなくなることが原因と考えられています。
しかし、不正出血の中には更年期障害とは異なる要因‥たとえば、子宮がんや、子宮筋腫といった病気が原因となって、不正出血が起きているという場合も考えられますので、少しでも不安に思う場合には、専門の医療機関で早めに診察を受けることが重要です。

また、ホルモンバランスの崩れが原因で起こる、更年期の不正出血は原因があるていど分かりますが、更年期を過ぎた、閉経後の不正出血は、何らかの異常であるとも考えられます。
このような場合には、必ず医療機関でしっかりと診察を受けてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期と体の変化  |  トップページ  |  次の記事 更年期と月経1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。