Top >  更年期障害の症状とは >  更年期障害と生活習慣

スポンサードリンク

更年期障害と生活習慣

更年期に発症しやすい病気や諸症状を予防して、日々快適に過ごしていくためには、食生活や、生活習慣の見直しを始めてみる事もひとつの方法です。更年期障害のことだけでなく、チャレンジする事は良い結果を生むと思われます。

まず、ポイントのひとつに食生活の改善があります。更年期以前に不足がちであった栄養素を毎日の食事で補い、過剰気味の栄養素を控えることで、標準体重が維持されて更年期を快適に過ごせるようになります。また、たんぱく質は更年期の時期に食生活に積極的に取り入れたい栄養素のひとつです。
良質のたんぱく質を含む食品の多くには、更年期障害の症状を予防する栄養素カルシウムも豊富に含まれているのです。カルシウムはたんぱく質と一緒に摂取することで、カルシウム自体の吸収の効率が上がっていく効果があるのです。卵・牛乳・乳製品・肉・魚・豆腐などは良質のたんぱく質を含む食品の一例です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 若年性更年期障害について9  |  トップページ  |  次の記事 更年期とほてり  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。