Top >  更年期障害の症状とは >  更年期とほてり

スポンサードリンク

更年期とほてり

更年期に良く見られる症状に「ほてり」がという症状があります。
ほてりの症状が及ぼす影響としては、ほてりの過多で寝汗による睡眠障害や、寝不足からくる苛立ちなどがあり、症状をそにまま放置すると、更年期障害へと変化していくといわれています。
そのために、ほてりの症状を更年期障害へ移行させないように改善策を毎日の生活に取り入れることが大切です。

ほてりの症状を改善させるためには、食生活で香辛料を多く含む食品、カフェイン・アルコールをできるだけ避けること。その日の気温・湿度に合わせて体温を調節できるように、衣服を調節できる重ね着を心がけておくことが有効だといわれています。また睡眠時には、下着やパジャマの素材は綿など通気性の高いものを選ぶことも必要です。このような改善で、ほてりの症状を抑えて更年期を快適に過ごすことができるようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と生活習慣  |  トップページ  |  次の記事 更年期と頭痛1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。