Top >  更年期障害の症状とは >  更年期障害と歯周病

スポンサードリンク

更年期障害と歯周病

更年期障害となる代表的な症状として歯周病があります。
更年期におこる歯周病の症状とは、歯を支えている組織に炎症がおきることで発症する病気のことを指し、歯周炎と歯肉炎を総称した呼び名となっています。
歯周病の初期段階として、まず歯肉炎が起こり、これによって歯肉が赤く腫れ上がり出血しやすい状態になっていきます。この歯肉炎の状態が悪化すると歯周炎へと変化し最終的には歯槽膿漏へと症状が悪化します。この状態になってしまうと、治療が必要な更年期障害の症状だといえるでしょう。

更年期に歯周病が起こりやすくなるには、原因があるのです。
それは、加齢による唾液の分泌量の減少や、歯を支えるあごの骨なども弱くなることも、更年期時期には更に急激になるからだといわれています。
歯周病による更年期障害に悩まされないためには更年期を迎える以前から、毎食後の十分な歯磨きやケアをしておくことが必要なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と口臭  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と貧血3  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。