Top >  更年期障害の症状とは >  更年期障害と発熱

スポンサードリンク

更年期障害と発熱

更年期障害の症状の一つとして、「発熱」という症状が見られる場合があります。
更年期になるとエストロゲンの分泌が減少しますが、このことがもととなり、更年期障害のさまざまな症状が引き起こされるのです。たとえば自律神経の乱れなどから起こる更年期障害の症状には、発汗・めまい・手足の冷えなどがあります。その中で発熱も、このうちの一つだと言われています。

更年期障害の「発熱」という症状とは、更年期障害によって血管運動が失調してしまうことによって、皮膚温度が上昇して、起きると考えられています。ただし、ここで注意しなければならないのは、体温が平熱よりも1度以上高い状態が長く続くという傾向であれば、これは更年期障害ではなく、ほかの病気を発症している可能性もあります。この場合は早急に医療機関で診察を受けることをお勧めします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 若年性更年期障害について10  |  トップページ  |  次の記事 更年期と高血圧  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。