Top >  更年期障害の症状とは >  更年期と高血圧

スポンサードリンク

更年期と高血圧

更年期に見られる症状の一つに、高血圧症状があります。更年期の高血圧には、エストロゲンの減少が間接的に関係していると言われています。エストロゲンの分泌は視床下部で調整されますが、更年期になり、エストロゲンが減少し始めると、視床下部が、エストロゲンの分泌を促すことに集中するようになりバランスが崩れてしまいます。そこで、同じ視床下部で調整されている自律神経は、そのアンバランスになった影響を受けてしまい、不安定になると考えられています。
この影響で、自律神経によって調整される血圧も不安定になり、結果として高血圧の症状が出る場合があると言われています。更年期のこのような間接的仕組みによる、一過性の高血圧の場合は、更年期の時期を過ぎて、体調が落ち着くことに伴い、安定していくことが多いのですが、中には本格的な高血圧となってしまうレアケースもあるようですので注意が必要です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と発熱  |  トップページ  |  次の記事 乳がんとは1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。