Top >  更年期障害の症状とは >  更年期障害になる人、ならない人

スポンサードリンク

更年期障害になる人、ならない人

女性の方全ての方に訪れるのが更年期ですが、更年期の年齢であるからといって皆が更年期障害になることはありません。
更年期の時期を迎えた方全体のおよそ75%程度は、身体が急にほてったり、めまい、不眠などといった更年期の症状があらわれるといわれています。
中でも更年期を迎えた方全体の、およそ20%から30%程度の方が、日常生活を過ごすことが困難であり、何らかの治療が必要となるほどの『更年期障害』となる方だといわれています。
かと思うと更年期を迎えても、更年期特有の諸症状が出ない方もいます。
このように更年期の症状には個人差が多くあり、自律神経失調症などの諸症状が発症していたとしても、その症状の度合いによっては、治療を要する場合の更年期障害の方と、そうでない場合の更年期症状の方という具合に分かれることもあるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期と日本人女性  |  トップページ  |  次の記事 更年期の症状の個人差  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。