Top >  更年期障害の症状とは >  更年期の症状の個人差

スポンサードリンク

更年期の症状の個人差

更年期には、日常生活を過ごすことが困難な更年期障害となる人もいれば、更年期特有の不快症状が一切現れないという人まで様々です。このように、更年期に現れてくる様々な不快症状の症状や強さには個人差があります。
では、なぜ更年期の症状にこのような個人差が出てくるのでしょうか?
考えられる要因の1つとして、更年期と呼ばれる時期に起こる症状の種類や、更年期症状の強弱に個人差が生じてくるのは、体内の卵巣機能やホルモン分泌量が低下する度合いが人によって違うためであるといった事が考えられます。
また、自律神経失調症の傾向があった方、以前から月経不順が起こりやすい方や、また月経期前後には気分が不安定になるなどの症状があるなど、ホルモンバランスの差が大きいのではないかと思われる方は、更年期の症状が強く出やすい傾向があると一般的にいわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害になる人、ならない人  |  トップページ  |  次の記事 プレ更年期  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。