Top >  更年期障害の症状と病気 >  更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)1

スポンサードリンク

更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)1

更年期障害の大きな原因に、エストロゲンの分泌量の減少による、ホルモンバランスの崩れがあります。
更年期になってエストロゲンの分泌量が減少すると、その影響で、さまざまな症状が発症してきます。
その中のひとつに骨密度の低下があります。人間の骨の新陳代謝として、2~3年に1度の割合で、新しい骨に変わるといわれています。入れ替わるというのは、新しい骨が作られて、古い骨が壊されていくのです。
ところが、新しく作られる骨の量よりも、壊される骨の量の割合が多くなってしまうと、骨密度が低下してしまうのです。
女性は、閉経期を迎える50歳前後の更年期のころから、骨の形成に関わっているエストロゲンが減少してしまうために、急激に骨密度が低下すると言われています。このような、骨密度が低下した状態を、骨粗鬆(こつそしょう)と一般的には呼ばれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期の時期  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。