Top >  更年期障害の症状と病気 >  更年期障害と貧血1

スポンサードリンク

更年期障害と貧血1

女性の体は月経による出血もあり、いつも貧血になりやすい状態にあります。
そのため、体が自然と貧血状態になれてしまい、貧血に強くなっています。男性なら倒れてしまうようなひどい貧血でも、女性の場合同じような検査値でも「ちょっとだるい」と感じるぐらいで済んでしまう方もいます。
人間の体内では、鉄分を血液のほかに、肝臓などにも貯蔵しています。通常の場合、体内で鉄分が不足すると、貯蔵した鉄分で補おうとします。しかし、それでも足りない場合は血液中の鉄分が消費されていきます。そのため、鉄分が不足しても貯蔵分があるうちはすぐに症状が現れるわけではないので、その事に気づかない場合が多いのです。
鉄分を多く含む食べものを取ることで貧血は、予防できます。しかし、鉄分以外にも様々な栄養素を含んだ食品も合わせて、バランスよく取らなければなりません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害のむくみとは3  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と貧血2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。