Top >  更年期障害の症状と病気 >  膀胱炎1

スポンサードリンク

膀胱炎1

膀胱の役割とは、腎臓で作られた尿をいったんためておくための器官です。尿がたまるとふくらみ、伸縮自在です。一般的に膀胱炎とは、この膀胱が細菌に感染して炎症を起こした状態を指します。特に女性は、構造的に外尿道口と膀胱の間をつないでいる尿管が3~4㎝と短く(男性は約16㎝)、直線的であるため、雑菌が膀胱に入りやすくなっています。そのため、膀胱炎は女性に圧倒的に多いと言われています。

よくある症状としては、尿が濁る、排尿のとき(特に終わりごろ)に下腹部が痛む、排尿の回数が増える(頻尿)、排尿後残尿感があるなどが見られます。
また、膀胱炎は再発の可能性が高く、完治したように見えても実は雑菌が残っているなどして、再度感染することもあります。膀胱炎自体それほど大きな病気ではありませんが、治療をせず放置しておくと、腎盂炎等を引き起こしたりするので、完治させることが大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 腎臓関係の病気  |  トップページ  |  次の記事 膀胱炎2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。