Top >  更年期障害の症状と病気 >  乳がんとは1

スポンサードリンク

乳がんとは1

乳がんとは、小さなしこりとして自分で触れることができる乳腺にがんが発生することです。
このしこりは、周りの組織との境界線がはっきりせず、硬くて表面がでこぼこしている特徴があります。大きさは様々で、米粒大から握りこぶし大まであり痛みは伴いません。ですが、しこりが大きくなると、乳腺がくぼんだり、乳房の皮膚が引きつったりするなどのほか、乳首から血の混じった分泌物が出ることもあります。

乳がんは、自分で触って発見できる唯一のがんです。少し気をつけて月に一度でも自分の手でチェックしていれば早期発見が難しくありません。これを習慣づけるように心掛ければ、万一の場合のリスクが減少します。また、「しこり=乳がん」と思っている方も多いようですが、必ずしもそうではありません。良性の乳性疾患でもしこりができることがあります。しかし、しこりを発見した場合には、早めに医師の診断を仰ぎましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期と高血圧  |  トップページ  |  次の記事 乳がんとは2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。