Top >  更年期障害の症状と病気 >  不妊症について1

スポンサードリンク

不妊症について1

不妊症とは、避妊をしていないのに、一定期間が過ぎても妊娠できない状態をいいます。避妊期間を除いて2年以上妊娠がみられない時は、一般的には不妊症が疑われますので、赤ちゃんを望む場合は、なぜ妊娠がみられないかを調べる必要があります。(WHOでは、避妊期間以外の2年間妊娠が見られない場合、不妊症としているようです)

当然の事ですが、不妊の治療をするために、まず不妊の原因を調べることから始めます。不妊外来を設けて、専門に取り扱っているところとしては、各地の大学病院や大病院の産婦人科があります。また、体外受精など不妊治療を専門とする個人病院もあるので、まずは足を運んで、信頼できる病院を選ぶことです。そして病院を決めて検査や治療を受けることにしたら、少なくとも1年ぐらいはじっくりと腰を据えて取り組むことが必要です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害の症状  |  トップページ  |  次の記事 不妊症について2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。