Top >  更年期障害の症状と病気 >  更年期と骨粗しょう症1

スポンサードリンク

更年期と骨粗しょう症1

女性は男性に比べると、もともと骨量が少ないのですが、閉経によって骨量がますます減ってしまいます。この現象は、更年期になると、骨形成を促進し骨吸収を調整するエストロゲンが減ってしまうために起ってしまうのです。
そのため、ホルモン補充療法でエストロゲンを補充する治療の場合、骨粗しょう症の予防に効果が期待できます。しかし、骨粗しょう症の予防を本気でするにはホルモン補充療法だけでは十分ではありません。カルシウムやビタミンDの摂取と同時に適度な運動が必要になるのです。
骨量の測定は、まず骨粗しょう症の恐れがあるかどうかを調べることから始めます。エストロゲンにある、骨からカルシウムが溶け出すのを抑えて、骨量を調整する、という働きが、エストロゲンの減った更年期以降減少してしまうため、女性は特に骨密度が低下してしまいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 不妊症について4  |  トップページ  |  次の記事 更年期と骨粗しょう症2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。