Top >  更年期障害の症状と病気 >  更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)2

スポンサードリンク

更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)2

更年期障害の原因となるエストロゲンの分泌の低下は、骨密度の低下をも促進させてしまいます。
骨粗鬆症は、骨密度の低下した症状をさします。この骨粗鬆症は、更年期の時期からの女性が悩まされやすい症状だと言えます。
この更年期の女性が注意しなければならない骨粗鬆症という症状は、骨全体が弱まってしまい、簡単なことでも骨折を生じやすくなるのです。
では、骨粗鬆の予防と治療にはどのようなことが必要なのでしょうか?

それにはまず、自分の骨密度をしっかり正確に把握しておくことが、骨粗鬆症の予防と治療の第一歩となります。骨密度の検査では、レントゲン・放射線・超音波を利用した骨量の測定などが行われ、また血液の検査が行われる場合もあります。血液検査では、血液中のカルシウム濃度や、骨に由来するアルカリフォスファターゼ活性などを検査します。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)1  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)3  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。