Top >  更年期障害の症状と病気 >  更年期障害のむくみとは2

スポンサードリンク

更年期障害のむくみとは2

むくみで心配な症状としては妊娠中のもので妊娠中毒症という、特に妊娠後期に起こりやすい病気の心配があります。これは、進行すると母子ともに危険なので、きちんと治療する必要があります。
また、顔や足のむくみがいつまでもとれない場合は腎臓や心臓の病気なども考えらるので、いつもと違うむくみが現れたときは、放置せずに、医師の診断を仰ぐことを進めます。

また、これらの治療法としては、過剰に水分が詰まっている状態をむくみというため、、それを解消するためには水分を排出させるようにする方法がとられます。具体的には、血液の循環を良くして、滞っている水分を排出するようにしなくてはなりません。
そのために、むくんでいる部分を温めて血行を良くしたり、またマッサージや指圧などを施すと同じような効果があります。
足のむくみの場合は、血液が心臓に戻りやすくなるように足をあげるとか、足湯などで血行を活発にするのも有効です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害のむくみとは1  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害のむくみとは3  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。