Top >  更年期障害の症状と病気 >  更年期障害と貧血2

スポンサードリンク

更年期障害と貧血2

人間が活動するためには、取り入れた栄養素を体内で燃焼させることが必要です。その際に欠かせないのが酸素であって、その酸素を赤血球中にある「血色素(ヘモグロビン)」が、体の各細胞に運ぶ重要な働きを担っているのです。
もし、このヘモグロビンが減少してしまうと、体に十分酸素が行き渡らない状態になってしまいます。
この状態が進行すると、全身倦怠感、息切れ、頭痛、目まい、動悸などの症状が現れてしまうようになります。しかし、このような症状が現れる段階では、そうとう重症の貧血に陥ってることが少なくないので、検査などを受けることをおすすめします。もしその際に貧血だと診断された場合にはすみやかに治療するようにしましょう。
ヘモグロビンの量の正常値(WHO(世界保健機関))では12g/100mlとされているので、これ以下の場合は貧血であると判断されます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と貧血1  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とツボ3  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。