Top >  更年期障害の症状と病気 >  膀胱炎2

スポンサードリンク

膀胱炎2

膀胱炎を引き起こす原因は、主として大腸菌、ブドウ球菌などがあるとされています。
元々細菌に対する自己防衛力が膀胱にはあるので、細菌が進入してきても普通は尿と共に洗い流されてしまったり、膀胱の粘膜が殺菌作用を発揮したりして、すぐに膀胱炎になることは少ないといわれます。
しかし、体力が低下する風邪や過労、自己防衛力が衰えたりしてしまうストレスをためるなどの状況は、細菌の感染を呼びやすくなり、発病するリスクが高まります。
膀胱炎の治療は、原因になっている細菌の種類を特定し、その菌に効果のある抗生物質を服用します。
たいていの場合1~2ヶ月ほどで症状が消えますが、医師の判断なく自分の判断で薬の服用をやめてしまうと、膀胱内に残っている細菌が耐性を得てしまいます。そうなると、再発した際に同じ薬では効かなくなってしまうこともあり、医師の指示に従うことが大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 膀胱炎1  |  トップページ  |  次の記事 膀胱炎3  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。