Top >  更年期障害の症状と病気 >  バセドウ病とは2

スポンサードリンク

バセドウ病とは2

バセドウ病で現れる症状は本当にさまざまで、個人差があります。代表的な症状としては、まず甲状腺が腫れてきます。新陳代謝が異常に高まるため、多汗、震え、頻脈、息切れ、空腹感などの症状も見られます。
また、寝起きが悪く、午前中は集中力に欠けて具合が悪いという人もいるようです。他には、眼球が押し出されてしまう眼球突出が見られることもあります。その場合にはものが二重に見えたり、疲れやすくなるなどの症状も現れる事もあります。バセドウ病は、自分自身の細胞成分に対して、抗体をつくってしまう自己免疫疾患のひとつで、膠原病や慢性関節リウマチと同じです。バセドウ病の場合は、必要以上にホルモンが分泌されてしまいます。これは、体内で甲状腺刺激ホルモンを刺激する自己抗体ができてしまうためです。その結果、動悸が激しくなるなど、さまざまな障害が出てしまうのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 バセドウ病とは1  |  トップページ  |  次の記事 更年期と過食症1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。