Top >  更年期障害の症状と病気 >  更年期と骨粗しょう症2

スポンサードリンク

更年期と骨粗しょう症2

骨粗しょう症に関して、閉経後の骨が減ってしまってからでは、その骨量を取り戻すことはできません。そのため現在では、骨粗しょう症を予防しようと言う考え方のもと、更年期の女性は早めに骨量を測るようにになってきています。骨量を測れる場所としては、産婦人科や整形外科のほか、保健所が生活習慣病検診として行っているところもあります。測る内容としては主に次のものがあります。

・ 腰椎単純X線検査とは、腰椎の前後方向をX線撮影して、肉眼で骨密度の状態を判断する方法。
・ 縮度測定法(MD法)は、最も一般的な方法で、アルミ製の濃度表と手のひらを並べてX線撮影し、濃度表との対比で骨量を測定する。
・ デキサ法は、別名二重エネルギーX線吸収法ともいい、高低2種類のエネルギーのX線を照射し、その透明度によって腰椎や大腿骨の骨密度を測定する方法。全身どこでも測定できますが、設備が大掛かりになるので一般的な方法ではないようです。
・ 超音波測定法とは、超音波を発信して、かかとの骨に伝わる速度や強さで骨密度を測る方法。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期と骨粗しょう症1  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と東洋医学2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。