Top >  更年期障害の症状と病気 >  更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)3

スポンサードリンク

更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)3

更年期障害とともに、更年期の女性に起きやすい症状である骨粗鬆症が心配な時は、専門の医療機関で骨密度の検査を受けるようにしましょう。
検査の結果、骨粗鬆症と診断された場合は、速やかに治療を受けることです。

骨粗鬆症の治療法としては、食事療法・運動療法・薬物療法のいくつかの種類があります。
薬物療法では、骨密度を高めるためにカルシウム製剤・活性型ビタミンD ・カルシトニン・女性ホルモンなど使って療法を行います。もし骨粗鬆症と診断されなかった場合も、骨密度が低下しないように普段から心がけ、更年期の骨粗鬆症の予防に努めましょう。
骨粗鬆症の予防には、カルシウムの十分な摂取・適度な運動・適度な日光照射などが有効だと言われています。逆にアルコール・ニコチン・カフェインは、カルシウムの吸収を阻害し、骨量を低下させるので、できるだけ摂取しないことがのぞまれます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と骨粗鬆(こつそしょう)2  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害の症状1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。