Top >  更年期障害の症状と病気 >  不妊症について3

スポンサードリンク

不妊症について3

「着床ができない」という状態は、排卵があり、受精もうまくいったのに、着床ができない事を指します。この場合も妊娠に至ることができません。
原因として考えられるのは、子宮内膜が子宮筋腫などによって不安定な場合、黄体機能不全による子宮内膜の発育不十分などが原因だと考えられます。
また、他にも「頸管粘液の不足」という原因もあります。これは、子宮入り口の粘液が不足したり、精子に対する抗体(抗精子抗体)が生産されて精子が子宮まで届かないため、受精しにくくなってしまう状態を指します。

また、子供ができないことで周囲の人からあれこれ言われ、これが精神的ストレスとなり、不妊治療の効果が得られない確率が上がってしまいます。これを改善するために、海外では、不妊治療に心理療法を取り入れて成果をあげている所もあるそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 不妊症について2  |  トップページ  |  次の記事 不妊症について4  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。