Top >  更年期障害の症状と病気 >  更年期障害のむくみとは3

スポンサードリンク

更年期障害のむくみとは3

むくみでると、水分を極端に控える人もいますが、これはむしろ逆効果です。
余分な水分は、腎臓の働きが健康であれば尿となって体外に出て行きます。そのため、水分を取らないようにすると、体はより水分を確保しようとして、水分を滞留しようとしてしまいます。
したがって、むくみ気味のときこそ、新しい水分をたっぷり取り、滞っている体内の水分を流し出すようにしてあげることです。
ただ、ここで塩分については、気をつけなくてはいけません。なぜなら、塩分は体内で水分と結びついてとどまらせる働きをするので、むくみ解消には塩分を控えることが大切です。
また、塩分を体外に出す働きのあるカリウム(フルーツやジャガイモなどに多く含まれています)を取ることも効果的があります。更に、日頃から全身の血液循環を良くするために、軽い運動をする、お風呂にゆっくり入るなどによって、むくみにくい体質をつくることも大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害のむくみとは2  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と貧血1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。