Top >  更年期障害の症状と病気 >  不妊症について4

スポンサードリンク

不妊症について4

一方、男性側に見られる不妊症の原因としては、まず最初に上げられるのが「精子がつくられない」ことです。一般的には、精液1mlあたりに1億近い精子が存在するのですが、その通常の数に満たない場合があるのです。他にも、無精子症と呼ばれる、睾丸でまったく精子がつくられない症状や、精子が2千万以下の精子減少症、精子死滅症という精子が死滅してしまっている症状などがみられます。
これらは事故、あるいはおたふくかぜなど、伝染病での高熱が出たことが原因になると言われています。また、「精子の通過障害」という症状もあり、これは尿道が狭かったり、炎症や腫瘍により尿道がふさがっている場合、精子は膀胱に流れていってしまい、精子が放出できなくなってしまいます。また、精管がふさがっている場合でも精子は放出できなくなってしまいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 不妊症について3  |  トップページ  |  次の記事 更年期と骨粗しょう症1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。