Top >  更年期障害の症状と病気 >  腎臓関係の病気

スポンサードリンク

腎臓関係の病気

腎臓の病気として多い腎盂炎とは、大腸菌やブドウ球菌などの雑菌等が膀胱から上に昇ってきて、腎臓の腎盂にまで広がった状態のことを言います。
急性期には39度以上の高い熱が出て、悪寒と震えが起こり、また他の症状としては尿の混濁や血尿、腰痛、背中からわき腹にかけて痛むなどがあります。これが慢性化してしまうと、微熱、頭痛、腰痛、倦怠感などが散見されるようになります。

膀胱炎と同様に、再発しやすく慢性化しやすいので、日常での予防を心がけが大切です。まず安静が腎盂炎の治療法としては第一です。原因となっている菌に合った抗生物質や鎮痛消炎剤を服用、または点滴で使用し、腰には冷湿布をします。薬剤によりますが、治療は少なくとも3週間は必要となるでしょう。また、尿の量を増やすために、水を多量に飲んでことも必要な治療法です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と貧血3  |  トップページ  |  次の記事 膀胱炎1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。