Top >  更年期障害の症状と漢方など >  更年期障害と漢方1

スポンサードリンク

更年期障害と漢方1

更年期障害の治療では、東洋医学を用い漢方薬を使って治療することが多いと思われます。その漢方薬を使った更年期障害の治療を受ける上で注意点がいくつかあります。
多くの漢方薬は、空腹時に服用するのが最も効果的です。ですが、漢方薬の中には胃を刺激するものもあります。たとえば、五積散、十全大補湯、八味地黄丸などは注意が必要です。

また、漢方薬と言っても、煎じて飲む煎じ薬ばかりではなく、「エキス剤」と言われる、煎じ抽出した成分を加工したものもあります。エキス剤の場合は、お湯に溶いて飲むようにした方がよいでしょう。
漢方薬の場合、副作用の心配は少ないのですが、一部気をつけなくてはならないものもあります。特に、ほかの薬を服用している場合に、更年期障害の漢方薬治療を行う際には必ず医師のアドバイスを受けるよう注意しましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害の症状2  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と漢方2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。