Top >  更年期障害の症状と漢方など >  更年期障害とツボ1

スポンサードリンク

更年期障害とツボ1

更年期障害の症状による疲れや、ホルモンバランスの改善などに効果があるといわれている「湧泉(ゆうせん)」という「ツボ」があります。
この湧泉のツボの場所は、足の裏側にある土踏まずのやや上の位置にあります。ここは、名称の通り生命のエネルギーが泉のように湧き出るといわれているほどのツボで、更年期障害による疲労感の改善と共にリラグゼーションの効果も期待できます。
また湧泉のツボを刺激すると、副腎の機能が高まり、更年期障害の原因にも考えられているホルモンバランスの乱れを改善する効果も期待できるといわれます。自分で湧泉へのツボマッサージを行う場合は、風呂上りなど、足が温まっている状態の方が効果を得ることができるといわれます。
そのため、足が冷えている状態であれば事前に足湯を行ったり、ドライヤーなどで温風を当他後にツボ押しを行うようにすると効果が期待できそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と東洋医学2  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とツボ2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。