Top >  更年期障害の症状と漢方など >  更年期障害と漢方2

スポンサードリンク

更年期障害と漢方2

更年期障害の症状の中で、血液の循環が悪くなる症状を東洋医学では、「淤血(おけつ)」、貧血などの症状を「血虚(けっきょ)」と呼ぶそうです。
更年期障害の治療の中でも、「淤血(おけつ)」や「血虚(けっきょ)」の治療として使われることの多い漢方薬があります。漢方薬のうち、、 血液の循環をよくして、冷えやむくみなどに効果的だと言われているのが、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。目の下のクマなどに効果的だと言われているのは、桂枝茯苓丸(けいしふくりょうがん)です。

このほかにも、更年期障害の治療に使われる漢方薬は様々あります。代表的なものとしては、むくみに効果があると言われている九味檳榔湯(くみびんろうとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)は疲労感の緩和に効果があると言われています。冷え性の改善に効果があると言われている八味地黄丸(はちみじおうがん)などが挙げられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と漢方1  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と東洋医学1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。