Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期と拒食症1

スポンサードリンク

更年期と拒食症1

女性の中で、「美しさ=やせていること」だと思っている方も多いと思います。
しかし、やせたいと思うあまり、一生懸命ダイエットをしすぎ、知らぬ間に自分では食欲をコントロールできない状態に陥ってしまうことがあります。その状態が、拒食症という摂食障害の病気といわれています。

拒食症の典型的な症状は、その名の通り食べることを拒んでしまうことです。この症状は、ダイエットから始まるケースがほとんどで、その根底には太ることに対する恐怖のような感情が忍んでいます。
この症状が出ると、意思がとにかく強く、絶対にカロリーの高いものは食べようとしないのだけれども、食欲は本能的であるため、完全に抑えることはできません。そうなると今度は、逆に食べることに執着してしまい、綿密なカロリー計算を飽きもせず繰り返したりする行動に出たりします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と栄養療法  |  トップページ  |  次の記事 更年期と拒食症2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。