Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期と拒食症2

スポンサードリンク

更年期と拒食症2

前項のつづきですが、また、拒食症が進むと、一人の部屋でなら食べられる、外食なら食べられる、家族が寝静まってから盗み食いをするなどの反動的な行動を起こすようになります。しかし、その後に食べてしまったものを下剤を使ったり、吐いたりし、決まって摂取したカロリーをなかったことにしようとする行動をとるのです。このような、摂取したカロリーを吐き出すようなことをしていれば、当たり前ですが、痩せてはくるのです。

けれども、きれいにやせるどころか骸骨のように不健康でどう見ても病的な痩せ方になってしまいます。こんな状態に陥っていても本人には、自分の理想とはかけ離れた痩せ方をしているという意識はありません。周囲の人が心配して。声をかけても本人はまったく意に介さず、「まだ太ってるからもっと痩せなくては」と思ってしまい、自分が病気であることを認めないそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期と拒食症1  |  トップページ  |  次の記事 更年期と拒食症3  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。