Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期障害と思い込み

スポンサードリンク

更年期障害と思い込み

更年期時期にはいると個人差はありますが、不快感や疲労感などといった感覚や症状が感じやすくなります。
しかし中には、更年期障害の代表的な諸症状と同じ症状がおこる病気もあり、実際は更年期障害ではないのに、更年期障害と思い込んだために病状が悪化するケースもあるようです。
更年期障害と同じ様な症状がおこる病気で「バセドウ病」がという病気があります。
バセドウ病は、甲状腺ホルモンの分泌量の暴走によって起こる【甲状腺クリナーゼ】という病気の前段階と考えられている病気です。この病気の代表的な症状に「発汗」「疲労感」「イライラ」など、更年期障害と同じような症状がおこります。
更年期障害とバセドウ病を見分けるポイントとしては、「そう状態」「食欲旺盛」「継続的な症状である」「じっとしていられなくなる」といった、更年期障害では起こりえない症状があれば、バセドウ病を疑う必要があります。バセドウ病には、更年期障害とは全く逆の、特有の症状があることを覚えておいてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害とツボ2  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害・精神的な症状  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。