Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期障害・精神的な症状

スポンサードリンク

更年期障害・精神的な症状

更年期障害では、多くの精神的な症状が見られます。
更年期障害の精神的な症状としては、不眠・不安・孤独感・イライラなどが挙げられるようです。更年期の減少するエストロゲンには、精神を安定させる作用もあるとも言われています。そのエストロゲンの分泌の減少が、これらの精神的な症状が現れることに影響していると考えられます。

更年期は、いわゆる「空の巣症候群」が発生するといわれます。これは、更年期に子供が独立する時期と重なることが多いため、喪失感が続いたり、気分が滅入ったりする場合を指しています。そして、このことが更年期障害の精神症状に影響を与えることがあるとも考えられています。更年期障害の症状の中でも、精神的な症状については、薬などを使った治療もありますが、専門家のカウンセリングが効果的なこともあるとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と思い込み  |  トップページ  |  次の記事 更年期のうつ病  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。