Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期のうつ病

スポンサードリンク

更年期のうつ病

更年期障害の精神症状の悪化などから、うつ病を発病していると医療機関で診断された場合は、どのようなことに気をつけて、治療を受けることがよいのでしょうか。
うつ病の治療には、精神を安定させるための薬物療法や、心理療法などがあります。ですが、更年期のうつ病にいちばんの治療は、「心身の休養」です。
そして何よりも一番大切なのは、家族や周囲の思いやりと理解です。更年期は特に、心身にストレスのかかりやすい時期だといわれます。そのため、家族や周囲は、従来どおり自然に接し、励まさず温かく見守るなどを心がけ、ストレスを緩和できるように協力しましょう。
また、本人も、ストレスを抱え込まないように心がけましょう。そのためには、一人で悩まず周囲に相談することがいちばんです。そしてこれらが、更年期のうつ病の治療の上ではとても大切なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害・精神的な症状  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害の症状と性格  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。