Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期障害の症状と性格

スポンサードリンク

更年期障害の症状と性格

更年期障害の症状は、いろいろとあります。症状が発症する原因として、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌低下によるホルモンバランスの崩以外にも原因があるといわれています。
その中の1つとして、性格によるものが挙げられます。それは、神経質であるとか、責任感が強いなどの性格により、症状が片寄るといわれています。
実は、こういう性格の方は、他にもかかりやすい病気があるといわれています。最近では、更年期の時期に発症した精神症状‥たとえば、心的不安定状態がもらたらす睡眠障害などから、うつ病などの更年期障害へと悪化するケースが増えてきているそうです。
更年期によく見受けられる様々な精神症状は、閉経直前の時期に発症する場合が多いとされています。また、このような方の場合、閉経後の更年期は、「うつ病」などへ悪化してしまうことが多いようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期のうつ病  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモン補充療法1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。