Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期と精神症状

スポンサードリンク

更年期と精神症状

更年期障害を引き起こす、特有の諸症状としては、のぼせや発汗などの症状が代表的だといままでは言われてきました。
しかし近年では、無気力や不安感など精神的な不安定状態から睡眠障害をおこしたり、更年期に発症した精神症状から、うつ病などの更年期障害へと症状が悪化し、症状が重くなるケースが増えてきているようです。

更年期に差し掛かる閉経直前の時期に、精神的症状が発症する場合が多いとよく言われることがあります。また閉経後には、精神症状が悪化して「うつ病」などの重い更年期障害へと変化することが多いようです。
このように、精神的諸症状を更年期障害へと悪化させないために準備することがあります。それは、更年期になるまでに生活習慣の改善をしたり、更年期の過ごし方の知識などを身に付けておくことです。この準備をするだけで更年期の受け止め方が変わってくることは間違いありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と東洋医学1  |  トップページ  |  次の記事 更年期とうつ病  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。