Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期と精神症状

スポンサードリンク

更年期と精神症状

更年期に発症する症状には、肉体だけでなく精神的な症状があります。それらは、不眠や、うつ症状が、その代表的な症状だと言えます。
更年期障害の精神症状である不眠や、うつ症状が悪化してしまうと、「うつ病」へと悪化してしまう場合があるため、注意が必要です。
更年期の気分の落ち込みについては、多くの方が更年期だから仕方がないとあきらめてしまうことが多いと思われます。しかし、中にはうつ病を発病している可能性もあるので、できるだけ早く我慢しないで病院などで診察を受けるようにしましょう。

また、更年期障害の治療を受けている方で、肉体面は徐々によくなってきたものの、不眠や、うつ症状が続いているという場合があります。これも、うつ病を発病している可能性もあるため、精神面に関しての診察を受けられる医療機関にかかることが肝心です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害と体のひずみ  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と生活  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。