Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期障害と生活

スポンサードリンク

更年期障害と生活

更年期障害の症状は、様々な要因があります。よく言われるのは、女性ホルモン(エストロゲン)の低下によるホルモンバランスの崩れですが、そのほかにも原因はあるといわれています。
更年期障害の原因のひとつとして、性格によるものがあります。それは、神経質であるとか、責任感が強いなどの性格により、症状も寝つきが悪いことやイライラするなどの症状が現れます。

また別の更年期障害の原因としては、更年期という年代の女性の生活が挙げられます。
子供の独立した後の生活の変化や、親の介護などでの生活の変化に伴う、家庭の中心としての負担が大きくなったことの社会的なことが原因ですが、この場合の更年期障害の症状は、性格によるものと似ているといわれています。そのため症状によっては、この原因が分かるかもしれません。更年期障害の治療方針もこの原因によって変わってくることもあるので、信頼ある専門医に相談することをおすすめします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期と精神症状  |  トップページ  |  次の記事 更年期と頭痛  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。