Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期とうつ病

スポンサードリンク

更年期とうつ病

更年期障害の症状には、肉体的な症状だけではなく精神的な症状もあるのです。その代表的なものとして、不眠やうつなどの症状があります。
更年期障害の精神症状である不眠やうつ症状は、悪化していくと最悪の場合「うつ病」を発病してしまう場合があります。
更年期だから仕方がないと、更年期の気分的な落ち込みをあきらめてしまうことがありますが、中にはこの場合、うつ病を発病している可能性も考えられます。少しでも疑いがあれば、できるだけ我慢しないで、早急に医療機関で診察を受けるようにしましょう。

また、更年期障害は現在治療中であるけれど、不眠や、うつ症状が続いているという場合も注意が必要です。
この場合も、うつ病を発病している可能性もあるため、精神面に関しての診察やカウンセリングを、更年期障害の治療とは別に受ける事をおすすめします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期と精神症状  |  トップページ  |  次の記事 更年期にうつ病になったら  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。