Top >  更年期障害の精神的症状 >  更年期にうつ病になったら

スポンサードリンク

更年期にうつ病になったら

更年期障害の精神症状の悪化などから、うつ病を発病していると医療機関で診断された場合は、どのようなことに気をつけて、治療を受けたらよいのでしょうか?
うつ病の治療はどんな状態であっても基本は、「心身の休養」です。更年期に限ったことではありませんが、精神を安定させるための薬物療法や、心理的な療法も、当然必要になってきますが、やはり家族や周囲の理解と思いやりの中での「心身の休養」が一番大切なのです。

更年期は特に、心身にストレスのかかりやすい時期だと一般的には言われています。そのため家族や周囲は、従来どおり自然に接し、励まさず温かく見守るなどして、本人のストレスをなるべく緩和できるように協力するようにしましょう。
また、本人も、ストレスを抱え込まないように一人で悩まず周囲に相談するなどを心がけることが、うつ病の治療の上ではとても大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期とうつ病  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモン  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。