Top >  更年期障害の症状とホルモン >  更年期のホルモンバランス2

スポンサードリンク

更年期のホルモンバランス2

更年期にさしかかりエストロゲンの分泌量が減ると、脳は盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌するようになり、卵巣からもっとエストロゲンを分泌するように促します。
ですが、卵巣には以前のようにエストロゲンを分泌する力が残っていません。こうして、エストロゲンは少なくなりと卵胞刺激ホルモンは増えてしまうという「ホルモン分泌のバランスの崩れ」が起こってしまいます。

更年期障害は大きく二つに分けることができます。それは自律神経に関係する、のぼせやほてり、動悸などの初期症状と、代謝に関係する骨粗しょう症や高脂血症(動脈硬化症・高血圧症)などの、少し遅れてあらわれる症状です。
また、更年期障害のひとつとして、脳機能の低下が指摘されています。特に女性のアルツハイマー型痴呆症の原因が、エストロゲンの分泌の減少ではないかと考えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害とホルモンバランス1  |  トップページ  |  次の記事 若年性更年期障害について1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。