Top >  更年期障害の症状とホルモン >  更年期障害とホルモン補充療法4

スポンサードリンク

更年期障害とホルモン補充療法4

更年期障害の治療法の一つであるHRT(ホルモン補充療法)は、エストロゲンというホルモンを投与する、更年期障害の治療方法です。

産婦人科で処方される薬には、ピル(経口避妊薬)というものもあり、これは更年期障害の治療に用いられます。ピルも、エストロゲンを投与することによって、女性の体に影響を与える薬ですが、エストロゲンを投与すると言っても、HRTとピルとでは、治療の目的が全く違います。HRTは、エストロゲンの量が減少している人を対象に、エストロゲンを正常値に近づけるために行います。それに対し、ピルはエストロゲン量が正常な人に、よりエストロゲンを投与し、人工的に排卵を抑えることを目的としています。
この2つは同じように見えますが、内容が女性ホルモンの含有量や、成分が違うものですので、目的が全く違うのです。更年期障害にはその治療法にあったピルが処方されます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期と頭痛  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモン補充療法5  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。