Top >  更年期障害の症状とホルモン >  更年期障害とホルモン補充療法5

スポンサードリンク

更年期障害とホルモン補充療法5

HRT(ホルモン補充療法)という方法は、更年期障害の治療方法としては、色々な症状の緩和や改善にとても有効な更年期障害の治療法だと言われています。
しかし、これだけ更年期障害の効果的だといわれているHRTでも、副作用がないわけではありません。ここではHRTの副作用について、紹介しておきます。

HRT(ホルモン補充療法)で使われるエストロゲンは、生殖器関係に影響を与えるホルモンです。そのため、エストロゲンを飲み薬や貼り薬で補充するHRTの治療をはじめると、乳房が張ってきてしまったり、性器から出血してしまうなどの副作用が表われることがあります。
これらの副作用があまりにひどくて、治療がつらく感じた場合は、薬の量や種類・使い方などを変更することも必要に応じて可能ですから、我慢しないようにして医師に相談することが肝心です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害とホルモン補充療法4  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモン補充療法5  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。