Top >  更年期障害の症状とホルモン >  更年期障害とホルモン補充療法5

スポンサードリンク

更年期障害とホルモン補充療法5

更年期障害の治療には、HRT(ホルモン補充療法)という方法があります。ここでは、更年期障害のHRTという治療法についてまとめてみます。
HRTとは、閉経前後に体内で不足してくるエストロゲンというホルモンを、飲み薬や貼り薬で補充する、という「ホルモン補充療法」という名前どおりの更年期障害の治療法です。不足しているエストロゲンを飲み薬や貼り薬で補充することで、自律神経のバランスが整えることが目的です。
この治療法によって改善されやすい症状としては、特に、ほてり・発汗・冷え・動悸などの血管系の不調や、うつなどの精神症状があります。

また、HRTは、骨粗鬆症の予防にも、効果が期待できると言われています。
それだけではなく、血管系の不調や、精神症状に加え、皮膚や粘膜の乾燥や萎縮、コレステロール値の上昇などの緩和や改善にも、高い効果が見られるようです。また骨粗鬆症については、閉経後すぐにHRT治療を始めた人ほど、骨粗鬆症の予防効果は高くさらに、予防だけでなく、いったん減った骨量を増やす効果があることも確認されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害とホルモン補充療法5  |  トップページ  |  次の記事 若年性更年期障害について7  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。