Top >  更年期障害の症状とホルモン >  更年期障害とエストロゲン

スポンサードリンク

更年期障害とエストロゲン

更年期障害に関係の深い、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は、女性ホルモンの一つです。
脳から分泌される卵胞刺激ホルモンを受けて、卵巣から分泌されます。
このホルモンは、女性にとって大切な「妊娠を補助したり、体内のバランスを整える」という重要な役割を果たしています。エストロゲンの主な働きとして、丸みを帯びた女性らしい成熟した体をつくりだす、子宮に働きかけ受精卵が着床できる状態をつくる、心の安定を保つ、コレステロールの増加を抑える、カルシウムを調節して骨を健康に保つ、などの効果が上げられます。

エストロゲンは、このように重要な働きをするですが、ほとんどの人は更年期を迎えると、卵巣の機能が落ちてしまいます。そのため、卵巣から分泌されているエストロゲンの量が急激に減少し、様々な更年期障害の症状を引き起こしてしまうのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期障害に関係するホルモン  |  トップページ  |  次の記事 若年性更年期障害について10  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。